年齢にあわせた水着の選び方

コンテンツ

メイン画像

コツは華やかに隠す

30代・40代の体形で気になるところを聞くと「ぽっちゃりついた肉」、「ハミ肉」、「ぜい肉」、 ととにかく付いた場所によらず肉・肉・肉です。この肉を誤魔化す方法としては「締め付ける(補正する)」か「隠す」の2つです。 最近では下着のように水着でも補正水着があります。 大手メーカーのワコールでは全面をサポートする「フルシェイプタイプ」、 背中・お腹・お尻の気になる3点をサポートする「3ポイントシェイプタイプ」、 お腹をサポートする「おなかシェイプタイプ」の3種類が展開されています。 しかしどれも競泳用(フィットネス用)の様で、リゾートらしさが余りないのが難点です。

夏のレジャーなので華やかさは大切にしたいです。そのため華やかに気になる体形を隠すことをおすすめします。 おすすめのデザインとして1つはティアードタイプです。 裾に向かって広がりながら複数段のフリルがついているタイプで、気になりやすい腹回りや太ももをさりげなくカバーしてくれます。 もう1つはタンキニタイプの水着です。 タンキニとは「タンクトップ・ビキニ」が短縮された造語でビキニよりも露出度が少なく、 タンクトップによりお腹周りの肉を隠してくれます。

裾にレースが使用されて透け感のあるものは大人の上品さを醸し出してくれます。 年齢を重ねたからといって水着になることを遠慮する必要はありません。 確かに多くの水着は10代・20代向けですが、 年齢に合わせた選び方のポイントを押さえると10代・20代にはできない大人の着こなしができます。 ぜひ今回紹介したポイントを参考に今年の夏を思い切り楽しんでください。